FC2ブログ
蘭宮さんの微妙な日々
ポケ擬中心で活動中の流浪絵師蘭宮魎のブログです。基本的には活動報告の場になりつつあります。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
まだ言ってるけど
「面倒な相手は面倒でして。
 そういう相手に限ってまぁ、よく絡んでくるもの。
 好きな相手は素っ気無いのに…世の中はうまく回りませんね。
 ま、好きな相手は少し会えないほうが思いを募らせて。
 次会った時にはその分喜べる。
 一度で二度も三度も。それもまた情緒じゃございませんか」

「わかっちゃいるけど、素直に頷きたくないね。
 情緒の部分は頭を下げてもその手前はいただけない。
 払って済むなら金も払う」

 はいはい。なんかどっかの講談みたいな出だしですね(笑)
 これ、何の会話か。あたしと、あたしの恩師との会話です。
 上があたし。下が診療所の所長(笑)
 まぁまぁ、嫌な相手なんて頼まなくたって会えるけど好きな人にはなかなか会えない、どのこと愚痴ってもしょうがない。嫌なことは一寸我慢して逢ったときに喜べば?冗談じゃない。嫌いなやつは嫌いなんだ。ま、そんな会話ですね(笑)
 え~…嫌いな人は誰か。それはまぁ…前にも出しましたけどねぇ…
あたしの職場は恩師の診療所でして。
そこでまぁ、日々忙しくしてるわけですよ。
そうすると、暇が出来れば恩師こと所長とちょっと語ってみたりするんですけどね。やっぱりあの留学生君。他の職員ともどうも噛み合わせが悪い。まぁ、相手を見下したような言い方を常に取りますから。んでまぁ、あちこちで摩擦が起きてて大変だっていうお話でした。やれやれ。
そんな中での話題。本日のお題は「和歌」です。

「短歌・俳句は韓国由来です!」
「別にどーでもいいよ。それにあたしは都都逸のが好きだ」
「都都逸ってなんですか?」

知らへんのかい(笑)
あんまり熱く語ってくるから知ってるかと思えば知らないらしい。
まぁ、都都逸を知ってる日本の若者も少ないだろうしなぁ。
ちなみに都都逸は7・7・7・5で構成されたその時代の風潮を歌うヤツね。扇歌が流行ったときに三味線なんかと一緒に披露され、時代をもじって歌ったやつでした。最近ではあんまり見ないしね。

「世俗を歌うって…随分下品じゃないですか?」
「あたしゃ自分が下品だからまわり全部が上品に見えるんでね」

こういう相手はすぱっと切ってとっとと仕事。そう思ったら近所で和歌をやってるおじいちゃんが来ちゃった。やっべ~…

「先生、この人何とかしてや~」
「おじいちゃん、あたしも何とかして欲しいよ~」
「診療所に来て歌勝負やて…」
「……患者にんな事言ったんかい」

バックヤードでさすがにお説教。
なんでか知らないケド、その後、結局歌勝負をあたしが引き受けてしまった。あれ~?
理由を思い出してみると…「怒られてるのは文化を横取りするためだ」「勝負して潔く言い分を認めろ」「そのためならなんでもする」とか言われてぶちきれたとか記憶してます。雰囲気って怖いわ(笑)
 さて、あたしは別に和歌なんてたしなんでない。負けてもいいし勝ってもいいし。まぁ、受けたからには一句詠まなきゃ。うーん…とか悩んでたら相手が先に詠んだ。

 長夜に 星明りを 探せども 霞み消える 月も朧に

メモを見ながら書き写したんですけど…よーするに、暗い時間が長くなった外に出て空を見上げて星を探してみたけどかすんで月も見えないねって歌。で、あたしの返し。

 夜明りの 隙間拭って 隙間風 障子閉めども 襖閉めども

夜の時間、妙に気になる隙間風。何処を閉めても入ってくるなぁって歌。しつこい隙間風って嫌いだよね。という歌なんだけど。いわゆる返歌の形を取ってます。つまり、こう解釈する。

「最近月明かりも星明りも見えないよね~」
「しつこい隙間風みたく纏わり付くな」

はい。そーゆーことです(笑)
結局、何を納得したかはわかりませんが。このひと勝負で相手はなにやら落ち着いたらしく。勝負したがりなんですかね?引っ掻き回すだけ引っ掻き回した形で午前が終了。このことを報告したあたしと恩師こと所長との会話に繋がるわけです(笑)
「ちなみに、勝負関係なかったらどんな歌を作る?」
ん~…

 空を見て 待てど見えぬ 雪見酒 一片あれば 杯を乾す

所長の返歌

 紅葉散り 雪を敷き詰め 雪見酒 外に無くとも 鍋の中に

聞いた瞬間わからなかったけど、思わず座布団一枚(笑)
わかります?紅葉が散って、なんとか鍋に雪をかき集めて雪見酒してる、なんて無茶な解釈じゃないんですよ?これは。酒好きの人とか食いしん坊ならわかるかな?
紅葉はよーするにタカの爪を細かく切ったもの。
雪は大根おろし。で、それが鍋の中に。
外に雪は降らないね、ま、仕方ないから雪見鍋で一杯どうだ?ということ。
「雪降らないじゃん。雪見酒できね~」「まぁまぁ、雪見鍋ならできる。一杯どうだ?」となるわけだ(笑)
というわけで、その後気が付いたあたしは所員に言いふらして所長の奢りで雪見鍋を計画するのでした…うはははは(笑)
どっとはらい。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
むぅ
親日家の韓国の女の子と数名仲良くしてるけど、そんなこと言い出す人は居ないなぁ。
ま、そういう奴は逝ってよし。

で、鍋はありつけた?(笑)
2006/12/11(月) 22:27:56 | URL | 影流 #-[ 編集]
遠雷に 窓閉め為さぬ 雪見酒 干すほど見ゆる 君が月かも

最近相手居ないですけども~;
因みに私は飲むと紅葉w

自分達が偉大だとして日本女性の気を引きたいのが韓国男性…
昔は日本人を半奴隷として娶るのがステータスシンボルだったりしたですし。。。(呆
2006/12/12(火) 07:16:11 | URL | 咲藤光 #I4t1ZHtI[ 編集]
個人的には俳句はなんか堅苦しいので、都都逸の方が
好みですね。

ついでですけどこんなサイトアドレス張ってみたり。
韓国人と仕事で困った事・総集編
http://cool.kakiko.com/korea00/
2006/12/12(火) 13:35:29 | URL | disharmony #b1bBKLOc[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.